◆コンサルタントの視点

考え方を学ぶ時代

製造業コンサルタントの井上です。

インターネットが普及し、更に、SNSが普及して、さまざま人と接触ができる時代になってきています。

ただ忙しくて、なかなか人と会ってじっくり話を聞くなんて贅沢なことができません。

 

何を何を学ぶべきなのか?

 

それは「考え方」です。

 

ある物事に対する意見や切り口など、それぞれの立場や能力、経験で変わってきます。

少し前までは、本から学ぶ、それか人から学ぶことしかできませんでした。

今は、先ほど書いた通りインターネットを活用して、さまざまなサービスを通じて優秀な人の「考え方」や「ものの見方」を学ぶことがいつでも、どこでも可能な時代です。

TwitterでもFacebookなどのSNSでも良いし、Newspicksなどは最適ですね。

学ぶことが難しかったことが、いつでもどこでも可能。まさに「スタディ・テック時代」とでも言いましょうか。

(最近「●●テック」は、はやりですね。。。。)

学ぶ環境がいつでもどこでもあり、その内容が際限なく広がり、更に限りなく無料で可能な時代です。

社会人として、学ぶ者と学ばざる者の差は、どんな年齢、立場でも数年達つと埋めようのない差になる時代到来です。

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  2. ◆コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  3. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  4. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  5. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
PAGE TOP