◆コンサルティング

経営者と幹部の温度差

8月に入り設備関係のメーカーは、忙しいのではないでしょうか?

工作機械も半導体製造装置も、関西方面の装置メーカーも大分忙しい状況だと思います。

このまま来年前半までは、忙しい状況は続くと考えてます。しかし、数年先はまったく予測不可能です。

言えることは、国内生産は自動車業界はじめ、徐々に減っていくということです。

 

この状況の中、経営者と幹部の認識の違いや危機感の持ち方に温度差を感じています。

 

幹部陣が若く30才代前半で、自ら考えて必死に取り組んでいる会社もあります。そうかと思えば、社長から怒られながらいい年した幹部がやらされている会社もあります。それぞれの会社に歴史があり、単純に比較できないのですが、いずれにしてもやるからにはビジネスで勝たないと存続できないのは決まっています。

特に現在のように忙しくなってきた時に、経営者と幹部の温度差がでてきます。

仕事の量が増えてきて稼働が上がり、収益も改善傾向(単価が下がっているのであくまでも改善傾向としました)にあり、今の仕事をこなすことに注力をしてしまいます。これはこれで大変重要なこと。しかし、幹部以上は、未来を見据えて”忙しいとき”にいかに未来創りをすることも仕事であるということを認識して取り組んでほしいと思います。

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  2. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  3. ◆コンサルタントの視点

    会社(組織)のエンゲージメント力(絆)を上げよう
  4. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
  5. ◆コンサルタントの視点

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
PAGE TOP