景気・市場・産業動向

機械受注統計2015年11月。バラツキが気になるところ。

2015年11月機械受注統計が発表された。最近感じるのは、11月?少し参考になりづらい感じです。

要は、今後を見ていく上に、現状の動向を把握する上では少し過去すぎる。工作機械受注高なら1か月前だからまだ参考になる。

そうはいっても変わらないので、統計を見ていこう。

まずはバラツキきになりますね。上下動が激しい。装置の特性上、単価が高いのでこのような状況になることはある。

トレンドとしては、次の統計を見ていかないといけないが、まだ微増傾向と感じている。

年始になり、装置メーカー、加工業のご支援先の経営者と話をしますが、総じて良い感じですね。

ご支援先のお客様の産業分野によっても違いはありますが、特に半導体装置メーカー、電子部品メーカーはよさそうです。

またSMCの受注状況からみると、中部地区の自動車メーカー(トヨタ、日産も)が良いみたいです。

ただ中東などさまざまな要因があるので、取り込めるのは早めに取り込むようにしておいた方がよいでしょう。

機械受注統計調査2015年11月

(内閣府HPより)

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

各種ソリューション

各種ソリューション
受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度
製造業・加工業のWEBマーケティング
  1. コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  2. AR(拡張現実)MR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  3. 産業財コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
  4. コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  5. 産業財コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
PAGE TOP