◆コンサルタントの視点

景気がいいと「製造業」で繰り返される勘違い。

製造業 経営コンサルタントの井上です。

 

製造業は全般的に景気が良いです。

特に装置製造業やその機械部品を加工している加工業などです。

いわゆる”派生型ビジネス”は「風が吹けばおけ屋が儲かる」みたいになります。

 

伝いえたいことは、自力と他力で単純に分けたら「他力」です。

 

これを「自力」とは思っていないと思いますが、景気の悪い時を忘れてしまうという現象を目にします。

そして、「忙しくて新しいことができない」「より効率的にする為に客を絞っていく」など、景気が下がった時のこと考えてますか?

 

これは昔からよく見る景気が良い時の光景です。また景気が悪い時は、また別の現象になりますが、昔からよく見る光景が繰り広げられます。

 

多能工化なども、仕事がない時には難しい。仕事がある時に、少しずつでもやっておくなど、少しでも前進しないとまた景気が悪くなり、別の言い訳を繰り返す会社が多いです。

 

景気のいい時は、忙しい。当たり前。でも、景気のいい時、仕事がある時にやるべきことがあるはず。

逆に景気の悪い時は、暇です。当たり前。でも、景気の悪い時、仕事が空いている時にやるべきことがあるはず。

また、景気が良くても、悪くても、仕事が忙しくても、暇でも、やるべきことはあるはず。

 

惰性に流されず、何をすべきか自問自答しながら、仕事を進めて頂きたい。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  2. AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  3. ◆コンサルタントの視点

    「想像力」が「実行力」を決める時代に
  4. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  5. ◆コンサルティング

    サイバーダイン(CYBERDYNE)山海氏講演【新成長産業開拓部会】
PAGE TOP