◆コンサルタントの視点

数字で押さえる大切さ。<プレイバックロボット等 鉱工業指数 品目別から>

製造業コンサルタントの井上です。

いやー数字で改めて見る大切さを最近痛感してます。知っているつもりでなく、まず自分で確認すること、行動することが重要です。

少し経済産業省のHPを見に行けば、5~10分で確認できる。

何かというと、プレイバックロボットの鉱工業指数(品目別)のことです。確かに、6軸ロボット等が増えているということは、誰でもわかっていると思いますが、どの程度?と言われるとかなり答えられる人は減るでしょう。

鉱工業指数(品目別)付加価値額生産と出荷の一部をグラフ化して、傾向を見てみましょう。基準年が平成22年=100です。

「付加価値額生産」だけだと、実態が分からないと思い「出荷」も合わせてグラフ化して見ました。

「出荷」でも見ても、平成22年(2010年)と比較して、約2.3倍程度になっています。またこれに合わせてロボット生産実績を合せてみるとわかりやすいのですが、ロボット工業会の会員でないと見えないのでまた入手で来たら比較していきたいと思います。

 

現状では、各種数値データを把握が可能な社会になっています。定点計測していけば、未来予測はもちろん景気動向の変動を早い段階で把握でき、対策も早くできます。

なんとなくでなく、数字を見る、できたらグラフ化して傾向を把握することをお勧めします。

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  2. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  3. ◆コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  4. 【 産業・業界別動向 】

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
  5. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
PAGE TOP