製造業 経営コンサルタント

◆コンサルタントの視点

会社のマネジメントは何の為にあるのか?

日々、中小企業を中心にコンサルティングを行っていると、しっかりと仕事が出来ているご支援先と、もう少しというご支援先もあります。

しっかり仕事をしていく為に、管理を徐々にしていく様になる。マネジメントですね。

何の為のマネジメントなのか?考えたことがありますか?

・効率的に仕事をして利益を出すため
・営業情報を管理して、業績を見えるようにするため
・方針管理で、各部門の実施状況を明確にして進捗を管理するため
など、など、など
色々あります。

業績面では、売上・利益を上げる為に、工程を管理して、品質をチェックし、原価を把握することも。

では、業績を上げる為には、何が重要でしょうか?

 

一番重要な要素は、製品や技術です。

 

事業ドメインを決める、何を、誰に、どのようにの「何を」です。

またマーケティングの4Pである、プロダクト、プレイス、プライス、プロモーションの「プロダクト」です。

 

製品をお持ちの会社は、自社の製品力や品揃え等、また技術系の会社では技術力です。

 

船井総研ではいつも言ってますが、商品力(技術力)を上げることが重要です。

では改めて、何の為にマネジメントをするか?

 

商品力(技術力)向上に、繋がるマネジメントであることが重要です。

 

ただ単にマネジメント(管理すること)が目的ではないのです。しっかり仕事をすることが目的では無いのです。

生産性を、だた上げるだけのマネジメントではないのです。

 

どうでしょう?自社のマネジメントの目的がどこを向いているか総点検してみは。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

受託製造加工業 QCD生産性を向上させる賃金評価制度

記事カテゴリー

  1. ◆コンサルタントの視点

    今の事だけ考えていると頭が悪くなる?
  2. AR(拡張現実)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  3. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  4. ◆コンサルタントの視点

    会社(組織)のエンゲージメント力(絆)を上げよう
  5. ◆コンサルタントの視点

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
PAGE TOP