製造業 経営コンサルタント

コンサルティング

ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロールする!

コンサルティング現場では、業績の良い会社、悪い会社さまざまな状態にある。

どの会社を見ても同じ会社はない。

景気の良い業界なのに、業績に格差がある。従業員の満足度、顧客の満足度、経営者のやりがたいなど

さまざま違ってくる。同じ業界でも、企業規模の違いによっても違ってくる。
よくコンサルティングの現場で、「良い結果」「悪い結果」には、必ず理由、原因がある。と言っています。

会社を良くする為に、その「理由」「原因」を突き止めることが必要になります。

できるだけシンプルに。しかし、シンプルすぎずに。
この時に、「良い結果」「悪い結果」を因数分解、要素分解をすることによって解決策が見えてきます。

”風が吹けば桶屋が儲かる”的なことです。
「結果」を因数分解・要素分解することによって、より「結果」をコントロールできる可能性が高まる。

 

ぜひ、経営もファクトライズして、それを会社の仕組み落とし込んで、会社の業績をコントロールできる仕組み化を進めて頂きたい。

また、具体的なファクトライズの方法などをお伝えしていきます。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント。 高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。船井総研内上位トップ5(2017年)/製造業分野のトップコンサルタント

各種ソリューション

各種ソリューション
  1. 技術経営(MOT)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向の把握と活用研究①
  2. コンサルティング

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  3. 技術経営(MOT)

    製造業でのHololens(AR、MR)の活用動向と活用事例研究②
  4. コンサルティング

    会社の性格は、社長の性格に比例する。
  5. コンサルティング

    風力の発電能力が、原子力発電の発電能力を抜く
PAGE TOP