◆製造業(機械装置メーカー・部品加工業等)のWEB活用の必要性

WEBマーケティング戦略:製造業(機械装置メーカー・部品加工業)のWEB活用の必要性

まずは機械装置メーカービジネスの性格(特性)を把握したのち、WEB活用の必要性を述べていきます。

 

◆機械装置メーカーのビジネス特性

<機械装置メーカー :単 価>

産業財分野の設備財である産業機械・設備メーカーは、数百万から数千万、数億円するモノもある。

<機械装置メーカー :購買頻度>

当然ですが、毎月買ってくれるユーザーはなく、数年に一度、10年、20年に一度という更新頻度(購買頻度)です。耐用年数も7年、10年~と非常に長いものです。

<機械装置メーカー :ビジネスの性格>

スポット物件型のビジネス

<機械装置メーカー :ライフサイクル>

日本国内のライフサイクルでは、スマフォ関連では成長期にあたる分野もありますが、多くが成熟期、安定期にあり、大きな成長を見込めない分野もあります。

上記の通り機械装置メーカーは、既存先の営業に対しては、今まで通りしっかりとユーザーの情報を把握して、対応することが求められます。新規営業に関しては、産業構造の変化の中、大手企業も再編が起こり過去の情報が生かせず、一から営業展開をしなければならない。また近年、大手製造業の工場のセキュリティが厳しくなり、飛び込み営業は不可能のなっているという環境の変化もあります。電話営業では、担当部署に到達することもままならない状況だと思います。また、装置に多少よりますが、特定業界を顧客に持つケースが多く、装置メーカーの営業が他の産業のことを知らず、市場開拓することが難しいケースがコンサルティング現場では多く見受けられます。

装置装置メーカー・エンジニアリング会社の新規営業の課題をまとめる、

●製造業の海外進出など、日本市場の縮小に続いている

●ユーザーの業界の産業構造変化による過去の資産(人的繋がり、実績等)が活かしづらい

●大手企業への飛び込み営業がセキュリティ強化でしづらい環境

●新たらしい市場へ展開したいが、他の業界情報がなく営業が進まない

(●営業担当が昔に比べて、高齢化しているので動きが悪い・・・・)

機械装置メーカー・エンジニアリング会社が、今後、上記の課題を解決する為にWEB活用が必須です。営業担当者に営業者があるように、営業する場合は、人による営業とWEBによる営業は常識になりつうあります。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

受託製造加工業の業績向上方程式
船井流 製造加工業向けWebマーケティング
受託製造・部品加工業 営業力(市場接触力)
受託製造加工業 商品力(提供する価値)
受託製造・部品加工業 会社に神経を通す
ものづくり受託製造加工業 賃金評価制度
中小企業等経営強化法 経営力向上計画 書き方ポイント
ものづくり企業 新市場開拓部会
ものづくり企業 新市場開拓部会

カテゴリー

masashi_i Tweet

  1. コンサルティング

    半導体製造装置 受注高/BBレシオ 2016年6月
  2. コンサルティング

    流れが速い時は、どこに流れるのか見極めろ。
  3. 景気・市場・産業動向

    【統計】工作機械受注高2017年4月<グラフで見るシリーズ>
  4. コンサルティング

    トラックの国内生産が調子がいいらしい
  5. 製造業 経営コンサルタント

    コンサルティング

    人口減少のニュースがメディアに出てきた、ということは・・
PAGE TOP