社長不在でも、現場が回り、現場が強くなるコンサルティング

現在、多くの製造業、特に受託型製造業、加工業に、実際に行っているコンサルティングを「社長不在でも、現場が回り、現場が強くなる仕組み」として、なるべくわかりやすくお伝えいたします。

従業員数20名以上~100名以下受託型製造、加工業対象になります。

多くは、45名を超えて50~80名で顕在化してくる「問題点」をクリアするために必要な”処方箋”になります。

重要なのは社員である”人”です。”人”は非常に大切です。その”人”を活かしていくためにも、まずは「仕組み化」が重要です。

”人”を活かすための「仕組み」と考えてください。

<参考記事>
◆社長の”想い”を社員にスペックインをする仕組みづくり

◆受託型製造・加工業の業績方程式

◆受託型製造・加工業の提供する価値(商品力)とは?

 

プロフィール

(株)船井総合研究所 上席コンサルタント/

エグゼクティブ経営コンサルタント/

シニアエキスパート

●製造業分野のトップコンサルタント

●船井総研内上位トップ5(2017年)

高校3年から経営コンサルタントを目指す。理系なので大学で経営工学を専攻。前職(タナベ経営)の最終面接の後に交通事故入院3週間。。。終わったと思ったら合格。タナベ経営→船井総研。コンサル分野は製造業がメイン。

記事カテゴリー

  1. 02 自動車業界

    CES 2016(世界最大家電市)で、話の中心が自動車の最先端が多い
  2. 製造業 経営コンサルタント

    ◆コンサルタントの視点

    ファクタライズ経営(因数分解経営)の重要性。ファクタライズ化で、結果をコントロー…
  3. IoT:モノのインターネット

    今後のロボット市場が14兆円以上!!
  4. ◆コンサルタントの視点

    これは凄い!頭の中の言葉、解読に成功(情報工学)。何を考えてるか分かってしまう時…
  5. ◆コンサルティング

    経営者と幹部の温度差
PAGE TOP